企業紹介companylist

  1. ホーム
  2. 企業紹介
  3. 宮崎から世界へ、羽ばたく人材を育てる

2022.5.12

宮崎から世界へ、羽ばたく人材を育てる

グローバルテクノロジー宮崎株式会社

経営資源といえば、「ひと・モノ・金」ですが、地域活性に必要な資源は、「ひと」「しごと」、そして「ICT」です。私たちはICTを通じて、新たな宮崎経済の発展に貢献します。


グローバルテクノロジー宮崎は、宮崎県内出身者が安心して働ける環境を提供する会社として、2019年7月に立地いたしました。県外就業者のUターン受入、地元ICTエンジニアの雇用やIT未経験者への教育を行い、宮崎件のIT業界活性に貢献していきます。


また、場所や環境に依存しないIT業界だからこそ、ITPlusの会員企業さまとTEAM宮崎を組ませて頂き、幅広いITサービスを提供していきたいと考えております。その活動エリアは、宮崎から日本全国、アジアまで広げ、宮崎から世界にはばたいていきます。


 


会社名:グローバルテクノロジー宮崎株式会社
所在地:宮崎県宮崎市橘通東4-1-4 河北ビル6F B室
電話番号:0985-41-5752
webサイト:gtmi.co.jp
事業内容:ソフトウェア開発事業、エンジニア教育事業、海外エンジニア事業


 


- interview -


設計から開発・実装まで幅広く手がける


Uターンを希望する人たちの需要に応える形で、地方拠点を増やしているというアクロホールディングス。エンジニアだけが集い、アプリケーションの開発に従事しているグローバルテクノロジー宮崎も、県内の出身者が安心して働ける環境を提供する会社を目指す形で設けられたといいます。今回はWebプロダクションチームのサードマン・チョードリさんと、丸田翔平さんにお話を伺いました。



丸田さんの話によると、現在は東京のグループ会社からの受注が中心となっています。


「2019年7月にできたばかりということもあり、現在は東京にある系列会社からの仕事が中心となっています。具体的には、お客様のサーバー上で使うシステムなどを中心に開発しています。弊社では詳細設計から開発・実装までを行い、JAVAで開発しています。」


開発を担当しているサードマンさんは、現在、管理者用のアプリケーション開発のほか、Webページの制作なども行っているバングラデシュ出身の若きエンジニアです。


「バングラデシュの大学ではコンピューターサイエンスとエンジニアリングを学び、入社後はGUIやシステムのバックグラウンド開発の他にも、企業のWebサイトなど幅広く担当しています。」


Uターン組の丸田さんと、バングラデシュから来たサードマンさん


宮崎県出身の丸田さんと、バングラデシュ出身のサードマンさん。丸田さんは関東で実務経験を積みながら、Uターンを夢見ていましたが、宮崎での仕事が見つからず、なかなか実現しない日々が続いていたそうです。しかしそんな矢先に浮上したのがグローバルテクノロジー宮崎の設立でした。


「私は出身が宮崎で、大学進学を機に関東の方に出ていたのですが、卒業して、グローバルテクノロジー宮崎が所属しているアクログループの一社に入社しました。そこに3年半ぐらい在籍した頃、宮崎に会社を作るという話があったので、Uターンを希望しました。」



一方、サードマンさんは、グローバルテクノロジー宮崎を率いる代表の中村和博さんとの出会いが転機となったといいます。


「JICAのプログラムで日本語を勉強したあとで、中村さんの面接を受けてお話を頂き、その後も日本語を勉強して、2019年の9月に来日しました。日本では一緒に来た12人の仲間たちと一緒に、宮崎大学で3ヶ月間勉強しながら、インターンとして働いて経験を積み、2020年1月からは正社員として働いています。」


魅力的な作業環境から生まれるモチベーション


そんな同社ですが、関東地方からのUターン組であり、首都圏での勤務経験のある丸田さんは、同社の就業環境について、すこぶる満足しているそうです。


「メンバーも若いですし、始まったばかりの会社なので、やることは多いのですが、何よりも環境が良く、ストレスフリーで仕事に向き合えるのが嬉しいです。関東で仕事をしているときは、満員電車での通勤がつらかったのですが、現在は会社から自転車で10分程度のところで暮らしているので、そうした苦労からも解放されました。」


また、バングラデシュから来日したサードマンさんも、以前訪れたことのある東京と比べて、宮崎の環境を大変気に入っているといいます。



「私はチッタゴンの出身なのですが、東京はビルが高くて道も混んでいます。まるでバングラデシュの首都・ダッカのようです。正直なところ、そうした環境があまり好きにはなれませんでした。でも、宮崎はそんなに混雑もなく、空気が甘いですし、とても平和な気分になりました。また、宮崎の人はゆったりしていて、忙しすぎないのも良いと思います。おかげで日本の生活は面白く、いつも楽しく過ごせています。」


平均年齢24歳の若いスタッフたちが目指す未来


グローバルテクノロジー宮崎は、スタッフの平均年齢が24歳と、とても若い会社ということもあり、和気あいあいとした空気のなかに活気がある職場となっているそう。また、4月からは新たに3人のスタッフがバングラデシュから加わるといいます。


「東京から仕事を受注しつつ、将来的には、宮崎の地場で伸ばせる仕事があったらいいなと考えています。まだ経験がなく、できないことも多いため、今後はできることを増やして自分たちだけで仕事を受注できるようにならないと考えています。」と、今後の抱負について語る丸田さん。そのさらなる飛躍に注目したいところです。